名前の画数と音の響きでの姓名判断やってます♪
by anririo
プロフィールを見る
画像一覧
 

子供の心理とそのサイン

晏里です。
今日は子育てについて、私なりの考えをお伝えしたいと思います。


子供との生活の中で、とても大切なことの一つに「コミュニケーションを密にする」
ということが挙げられると思います。
特に乳児から幼児期にかけては、言葉で上手く伝えるということがまだあまり出来ない
時期のため、なおさら必要です。
この時期の「コミュニケーション」とは、単に言葉上だけのことではありません。
むしろそれ以外で伝えてくる方が多いでしょう。

ここで生じてくることの一つに、「言葉で言ってもらわないと気づきづらい大人」サイドと、
「言葉では上手く伝えられない子供」サイドの問題が出てくる可能性があります。


子供は言葉以外の行動で、その時の心理状態を訴えてくることがあります。
それは大人にとっては、もう充分に言葉で伝えられるだろう、と思っている年齢の子にもです。

その事柄には、「言葉で充分に伝えられる時期に来ていない(年齢が達していない)」
「伝えたい事柄(イライラ、不安、嫌な気持ち)などの原因を、ハッキリ自覚していない」
「伝えたくない」
などの理由があります。


そのような場合でも、子供は言葉以外の「何らかの行動」というサインで伝えようと
してきます。そのサインを、私たち大人サイドは見逃さないようにすることが大切です。

例えば、いつもなら泣くよう事柄でもないことで泣き出す。やたらとイライラしたり
怒ったりしている。反対にいつもより覇気がない。口数が少ない。食欲がない。
その他、身体的な変化などのサインがそうです。


日々忙しく過ぎてゆく中で、そのようなちょっとした変化でも私たち大人は読み取り、
その心境を理解・共感し、不安から解き放してあげなければいけません。
サインを見逃すことが多くなると、子供はサインを出しても気付いてくれない親に対して、
サインを出しても分かってくれないんだ、ということの蓄積からだんだん不信感を抱く
ようになってしまうかもしれません。

そのような状態になる前に、日々向きあうことや同じ目線で考える事、ちょっとした
変化に気づくようにすることが、なにより大切な事です。


大人に余裕がない時は、特に見逃す危険があります。
それは、時間に余裕がない、大人の気持ちに余裕がない、身体的に余裕がない(疲れている、
体調不良など)などです。
そのような時は、あえて注意してみるように冷静になるといいと思います。



日々の育児。
楽しく幸せでもあり、また大変な面もありますね。
育児は長丁場。色々な人に協力をしてもらいながら、大人にとっても子供にとっても
ハッピーな時間を過ごしたいものです。
[PR]
by anririo | 2010-04-14 16:00 | 子育て
最新の記事
ブログ移行のお知らせ
at 2011-01-11 02:17
新年らしいイベント
at 2011-01-08 23:23
オットくんお手製ラフテー
at 2011-01-05 16:42
2011年 あけましておめで..
at 2011-01-02 11:18
今年1年間ありがとうございま..
at 2010-12-31 10:24
年末年始のお知らせ
at 2010-12-27 23:23
イブですね!
at 2010-12-24 10:42
ウィーンのクリスマスイベント
at 2010-12-20 11:39
少し心が温かくなった出来事
at 2010-12-15 22:33
ちょっとブレイクタイム4
at 2010-12-10 15:01
カテゴリ
タグ
以前の記事
リンク
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧